読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

emersed anubias

~アヌビアスの水上栽培、実生の道~

アヌビアス ハスティフォリア 開花経過と花粉採取

Anubias hastifolia(アヌビアス ハスティフォリア 迷彩 2008)

10月13日の夜に開花が始まり、16日夜に花粉を採取しました。

14日の様子。

f:id:anubias:20151016224141j:plain

 

15日 完全開花。

f:id:anubias:20151016224215j:plain

 

16日夕~夜、花粉があふれ出し、仏炎苞が閉じていきます。

f:id:anubias:20151016224243j:plain

f:id:anubias:20151016224258j:plain

雄花の黄変しているところは花粉を作らなかった箇所です。
このことについては少し思うところがあるので後日、別の記事に書きます。→(別の記事
肥料の与え過ぎが原因だと思います。

 

授粉させていないので、花柄ごと切り取って花粉を採取しました。

仏炎苞を切除して、肉穂花序をむき出しにして紙の上で振ります。

 

紙の上に採取した花粉

f:id:anubias:20151016224343j:plain


次に、振って花粉を落とした肉穂花序を紙に軽く叩きつけるようにすると、雄しべの間に挟まっている花粉も少量ですが採取できました。

そのまま紙を適当に折って花粉を包み、シリカゲルと一緒にフリーザーバッグに入れ、冷凍庫で保存します。


残り。

f:id:anubias:20151016224417j:plain